割引と格安航空券はどっちが安い?特徴を比較してみた

- 正規割引運賃、格安航空券、LCCそれぞれの特徴を比較してみましょう

正規割引運賃、格安航空券、LCCそれぞれの特徴を比較してみましょう

飛行機を使う際、どのようなチケットを使っていますか。
中には大手航空会社の正規料金でしか乗ったことがない、という人もいるかもしれません。
ですが、正規割引運賃や格安航空券、LCCなどを使えば安くで飛行機に乗ることが出来ます。今回は、これらのポイントを押さえていきましょう。

正規割引運賃の特徴とは

hikoki
航空会社が実施している割引になります。
多くの場合、予約する日が早ければ早いほど割引され、最も割引率が高いのが75日や80日前に予約した時です。
70%も割り引かれることもあります。
1度予約した場合、予約の変更はできず、キャンセルするときには高いキャンセル料を取られますので、注意が必要です。
また最大割引率で購入できた場合にはLCCと同レベルの金額になりますが、予約が遅くなるほど高くなりますので、利用の際にはなるべく早く予約するようにしてください。
繁忙期や閑散期といったシーズンしだいで、値段の変動が大きいものもありますが、正規割引運賃の場合、その影響は小さいと言われています。

格安航空券の特徴とは

旅行代理店が、航空会社からツアー用として格安で手に入れたものを、販売しているチケットになります。
ツアー用ではありますが、個人に売りますから、ツアーに参加するわけではありません。
多くの場合フライトの10日前までに申し込む必要があります。
予約の変更やキャンセル料は正規割引とほぼ同じで、加えて前もって座席の指定が出来ず、チェックインカウンターまで行ってようやく座席が決まります。
一方、正規割引よりも割引率は良いとされていますが、その差はあまりなくなってきたようです。
シーズンによる価格変動の影響を受けやすいため、閑散期であればより安くピーチアビエーションなどのチケットを入手できるでしょう。

LCCの特徴とは

LCCは前2つとは根本的に違っていて、割引ではなく正規料金が安く設定されている航空会社です。
正規料金のため、当日であっても安価でチケットを入手することが出来て、セール時には1000円以下で、航空チケットが販売されることもあります。
その代わり、機内食、飲み物、預け荷物など諸サービスが有料になっているので注意が必要です。
預け荷物に関しては、前もって申し込んでおいた方が安くなるため、忘れないようにしましょう。
それから、LCCは遅延や欠航が比較的発生しやすいため、時間に余裕がない人は利用を避けた方がいいかもしれません。

お得な分の制約はある

どれを利用するにしても、ある程度の制約は存在します。
ですが、使い方を考えれば便利ですので、一度利用を検討してみてはどうでしょうか。

更新情報

ページ上に戻る

Copyright © 2016 割引と格安航空券はどっちが安い?特徴を比較してみた All Rights Reserved.