こんな時はどんなチケットを買う? 上手な飛行機の選び方

- こんな時はどんなチケットを買う? 上手な飛行機の選び方

こんな時はどんなチケットを買う? 上手な飛行機の選び方

飛行機を使う際、格安航空券や正規割引航空券、LCCなどを使って出来るだけ安く使いたいと思いませんか。
ですが、どれを使っていいのかいまいちわからない人もいるでしょう。
ですので、今回はどんな時にどれを利用すべきかを考えてみます。

計画の変更が絶対になく使えるならば正規割引航空券

正規割引航空券というとわかりにくいですが、要するに早期予約による割引です。
予約が早いほど割り引かれて、割引率の最大はおおよそ75日よりも前に予約した場合でしょう。
20~30日前を過ぎると、利用できなくなりますが、割引が適用されるギリギリで予約した場合でも、4~5割引はされるようです。
もしも75日よりも前だったら7割引以上でチケットを購入できます。
変更やキャンセルに対する自由度がないため、変更の可能性があれば利用しない方がいいでしょう。
また繁忙期や閑散期による値段の違いが出にくいため、特に繁忙期に使うことをお勧めします。

正規割引に間に合わなければ格安航空券

申込期限は国内で10日前までだと言われています。
ですから、正規割引に間に合わなかった場合、こちらを使うのをお勧めします。
格安航空券と呼ばれないこともありますが、当日でも割り引かれた値段で買うことが出来ますので、日数的自由度が高いです。
変更・キャンセルについては正規割引とほぼ変わらず、シーズンの影響を大きく受けるため、閑散期であればより安い値段で購入することが出来るでしょう。

安いが不安定なLCC

LCCの場合いつチケットを購入しても安い値段で買うことが出来ます。
しかし、遅延が起きやすく、フライトがキャンセルになる可能性も比較的高いため、絶対に遅くなってはいけないという人は利用を控えた方がいいでしょう。

どれが一番ということはない

3つを並べましたが、どれがいいということは基本的にないかと思います。
それぞれに利点や不利点があり、何なら予約の変更やキャンセルが自由にできる普通の航空券を買った方がいい場合だってあるでしょう。
ですから、自分に合ったものを購入するように慎重に選んでください。

ページ上に戻る

Copyright © 2016 割引と格安航空券はどっちが安い?特徴を比較してみた All Rights Reserved.