航空券ってどういうものがあるの? 航空券の種類について

- 航空券ってどういうものがあるの? 航空券の種類について

航空券ってどういうものがあるの? 航空券の種類について

一言で航空券と言っても、格安航空券やPEX航空券など種類がいくつもあります。
販売しているのも空港だけではなく、旅行代理店から購入することもあるわけです。
そこで、今回は国内における航空券の種類などについて簡単に説明します。

空港から買う航空券について

空港ではノーマル航空券と、正規割引航空券(PEX航空券)を買うことになります。
ノーマル航空券とは名前の通り航空券の基本となるもので、正規航空券とも呼ばれます。
有効期限は1年間で、予約や経路・航空会社の変更が出来て、払い戻しも可能です。
シーズンの違いによる値段の変動はなく、どこで買ったとしても同じ値段で購入できます。
正規割引航空券は航空会社各社が、独自に運賃を割り引いているものになります。
往復ともに同じ航空会社を使うことが原則で、予約や経路の変更が出来ず、キャンセルするには手数料がかかります。
制限が厳しく設定されていて、取消料金なども高い代わりに、とても安くなります。
また条件が厳しければ厳しいほど、料金の割引率も上がっていくのが特徴です。
よく見るものだと早期予約による割引が、これにあたります。

旅行代理店から買う航空券

格安航空券とは、旅行代理店から購入することになる航空チケットになります。
もともとはツアー用に航空会社が販売していたもので、それを旅行代理店が格安で大量に購入し、販売しているわけです。
個人では到底できないほどの大量購入によって、格安にすることできます。
こちらにも制限があり、制限が大きいほど安いと言えます。

OPENチケットとFIXチケット

これは航空券というよりもオプションのようなものですが、簡単に説明しておきます。
往復で航空券を買った場合に、期間内なら復路の便を変更できるものがOPENチケットで、復路の便まで固定されているのがFIXチケットです。
当然OPENチケットの方が高めに設定されています。

自分に合った航空券を

このように航空券にもいくつか種類があり、細かく見ればさらに種類は分けられます。
自分の目的に合わせたチケットを買うように心がけてください。

ページ上に戻る

Copyright © 2016 割引と格安航空券はどっちが安い?特徴を比較してみた All Rights Reserved.