格安航空券のメリットデメリット

- 格安航空券のメリットデメリット

格安航空券のメリットデメリット

旅行代理店が発売している格安航空券ですが、当然メリットやデメリットがあります。
同じく低価格で飛行機に乗ることが出来る「正規割引航空券」と比較しながら、どんな利点や不利点があるのかを見てみましょう。

格安なのは当たり前

名前にある通り、ノーマルな航空券と比べた場合に格安であるということは、十分大きなメリットであると思います。
なぜ安くできるかと言えば、旅行代理店が航空会社から大量に購入しているからです。
たくさん買えばその分安くなるわけですね。

本来はツアー用のチケットではありますが、個人用として売っているらしいです。
だからと言ってツアーに参加する必要はないので安心してください。
ともかく大量仕入れで安く手に入れたチケットを、通常の航空券よりも安く売っている形になっています。

しかし、安いという点においては正規割引航空券も変わりません。
ここで注目したい点が、購入できるタイミングです。
正規割引航空券の場合、早く予約すればするだけ割引率が高くなり、出発までの残り日数が短くなると購入すらできなくなります。

こちらのサイトでも、格安航空券のメリット・デメリットについて触れられています。

メリットは安い。 有償アップグレードが高い時もあるけど、 航空会社が売っている時は同一料金。

デメリットは数に制限がある。 日付変更が出来ない。出来ても制限が多い。 キャンセルしてもお金が返って来ない。 無料アップグレードが受けにくい。

引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1221732042

格安航空券も早い方が安いということもありますが、当日であっても購入できる場合があります。その時には、割引率は少なくなってしまいますが。
また、申込期限が設定された割引率が高いものがあり、国内線で10日前までに申し込む必要があります。
正規割引航空券で割引率が最大なるのが3か月弱前になりますから、十分に猶予があると言えるでしょう。

デメリットとしては、予約の変更が出来ないキャンセル料がかかるなどありますが、この辺りは正規割引とあまり変わりません。
比較した場合のデメリットとして考えられるものは、座席の指定が出来ない事でしょうか。
良い席が取れないばかりでなく、同行者と隣になれない可能性もあります。

計画に時間がかかっても購入できるのが魅力

正規割引と比べた場合の格安航空券の魅力は、申込期限が10日前というところでしょうか。
正規割引の場合10日前では、購入できないところもありますので、十分なメリットと言えるでしょう。

Similar Posts:

    None Found

ページ上に戻る

Copyright © 2016 割引と格安航空券はどっちが安い?特徴を比較してみた All Rights Reserved.