安いと言えばLCC! LCCと割引航空券の違い

- 安いと言えばLCC! LCCと割引航空券の違い

安いと言えばLCC! LCCと割引航空券の違い

格安航空券のように安い値段で飛行機に乗ることが出来るLCC。
むしろLCCを使うから、大手の航空会社は使わないという人もいるかもしれません。
そんなわけで、今回はLCCについて簡単にお話していきます。

LCCと各種割引航空券の違い

航空券の中には通常の値段から、LCCに近い値段まで割引されています。
飛行機にあまり乗らない人は、あまりピンと来ないかもしれませんが、LCCは正規価格が安いものことを指します。
格安航空券や正規割引航空券は、一定の制約のもと大手の航空会社の飛行機に、安い値段で乗れるというものです。
ですから根本的に乗る飛行機が違います。
LCCと航空券を並べている時点でおかしな話ではあるのですが。
LCCは正規の値段ですから、さらにそこから安くなることもあり、時には1000円以下で飛行に乗ることもできるのだそうです。
また、LCCは正規の値段が安いわけですから、席さえ空いていればたとえフライト当日にチケットを買ったとしても値段は変わりません。
また格安航空券はチケットを購入した段階ではどの航空会社の度の便に乗るかなど、はっきりとしていないらしいのですが、LCCではそういったことはないです。
割引されている航空券では、往復が条件になっていることもあり、滞在期間が制約されることもありますが、LCCの場合片道がベースとなっているため、急に滞在期間が延びた場合などでも十分に対応することが出来るメリットがあります。

LCCのデメリット

安くて自由なLCCではありますが、デメリットもあります。
1つは安くしている分、各種サービスを受けるためにお金がかかります。
機内食と言った飛行機内でのサービスはもちろん、荷物を預ける場合にもお金が必要です。
それから、遅延や欠航がほかの航空会社よりも起きやすいです。
ですから時間に余裕がある人の方がLCCに乗るのは向いているでしょう。

サービスに関してはデメリットにならないことも

以上になりますが、もしも大手の航空会社のサービスが過剰だと感じた場合、LCCのデメリットはメリットになることもあります。
各社サービスに違いはあるでしょうから、自分に合ったところを使うのが一番ということですね。

ページ上に戻る

Copyright © 2016 割引と格安航空券はどっちが安い?特徴を比較してみた All Rights Reserved.